鍼灸治療

ビル

たんなる悩みも鍼灸治療で解決

20代や30代の女性も、鍼灸治療を受けています。例えば、なで肩である女性は、胸郭出口症候群という病気になりやすく、腕や手が痺れることがあるなら、疑ってみましょう。血管や神経が通っている部分が狭くなり、圧迫されることで痺れや痛みが引き起こるといいます。手をグーパー運動している女性の姿を見かけることがあれば、こうした症候群かもしれません。そうした場合の対策になるのが鍼灸治療です。狭くなっている血管の出口を広げることができれば良し、さらに、痛みを緩和するために、胸郭出口の部分に鍼を打つ、肩や腕を温める灸による温熱療法がとられることもあります。また、医療分野でも特殊な分野ですから、たんなる寝違えの相談も可能です。整形外科に寝違えを治してほしいとは、恥ずかしさもあって言いたくないはず、ですが痛みがあれば仕事にも支障が出るかもしれません。鍼灸ならば放置しても消える痛みを早々と改善させることができます。

sabu用置換
ビル

sabu用置換